home agent

注文住宅見積書の工事別項目を解説

brandy-228491_640

注文住宅の見積書を理解するのに必要な、工事項目の見方・注意事項を解説します。

ここでは、本体工事と呼ばれる中身に絞ります。全体の項目は、注文住宅の見積書の見方をご覧下さい。

本体工事の内訳

坪単価の分子部分とされます。項目を付帯工事にまわせば坪単価は下がります。見積りのトリックです。

坪単価はあまりあてにせず、工事費の総額で判断しましょう。

工種の呼び方・内容は様々です。下記記載事項は事例と捉えて下さい。項目が多いので簡潔に書きます。

仮設工事

遣り方(丁張り)、内外部足場、仮設電気・水道・トイレ、養生・片付け、仮囲い、残材処分費、進入路整備、など

  • 内容の一部が付帯工事に回される可能性がある。

杭(地盤改良)工事

材料、施工費、運搬費、重機費用、など

  • 地盤調査により必要になる場合がある。調査は土地購入後でないとできないが、工事契約前には行っておきたい。
  • 地盤改良が必要な場合は、大きな費用が一度に発生するので、複数業者からの見積りを取るよう住宅メーカーに依頼したい。

土工事

ハツリ(既存解体部がある場合)、根伐り(掘削のこと)、盛り土(地盤高低差がある場合)、土留め(同)、砕石(コンクリートの下に敷き、転圧)、重機運搬、ポリエチレンフィルム(地面から湿気が上がって来ないよう、コンクリートの下に敷く)、基礎断熱(施工する場合)、地均し、残土処分など

  • ハツリ、盛り土、土留めは付帯工事に回される可能性あり。
  • 費用を削るため、引渡し時に地均しをしない会社も ← ▲確認する。

基礎工事

鉄筋(太さ・ピッチは各社異なる)、型枠、アンカーボルト、コンクリート材料、コンクリート打設手間、ポンプ車費用、天端モルタル(立ち上がり上部を平らに均す)など

ベタ基礎が一般的。項目が細分化されていない場合も多い。

基礎工事について

  • コンクリートも強度によって価格が異なる。基準は24N/m㎡、冬季は強度を上げる。

木工事

木材・建材(材種・等級・数量)、大工工賃、金物代、など

  • 木材種・等級により価格が大きく変わる。

屋根工事

材種(瓦・コロニアル・ガルバリウムなど)、防水シート(ルーフィング、逃湿・遮熱タイプもある)、荷揚げ・運搬費、など

  • ルーフィングの仕様は、家の耐久性・住み心地にも関わる。

外壁工事

材種(サイディング・モルタル・塗り壁・板張りなど)、施工費、など

  • 多くの方法がある。材料と工賃に分けてもらった方が分かりやすい。

板金工事

雨樋(軒樋・縦樋、集水枡)、水切り、など

  • 集中豪雨・ゲリラ豪雨が増えているので、雨樋の雨水処理能力を計算してもらう。

防水工事

バルコニー防水(FRPが一般的)、シーリング(外壁・サッシ周り・室内水周り)、など

  • 集中豪雨・ゲリラ豪雨が増えているので、バルコニーの雨水処理能力も考慮する。

断熱工事

材種(グラスウール・発砲系素材・自然素材など)、施工費、気密工事、など

  • 住み心地に大きく影響する。特徴・性能の差が大きい重要項目。地域区分に応じて必要な素材の厚さ(能力)が異なる。

左官工事

基礎巾木モルタル刷毛引き(基礎外面の化粧仕上げ)、室内左官壁・天井(材料、工賃)、土間金ゴテ押え(外部土間)、など

  • 多くの素材(漆喰・珪藻土など)がある。材料と工賃に分けてもらった方が分かりやすい。

タイル工事

玄関床・巾木、玄関ポーチ・階段、室内床・壁(水周り)、など

  • 多くの素材がある。材料と工賃に分けてもらった方が分かりやすい。

鋼製建具工事

アルミサッシ工事(製品代、工賃)、シャッター、既製庇、網戸、換気ガラリ、など

  • ガラスは複層(ペアガラス)が一般的。Low-Eガラスなど断熱性が高いものもある。木枠・樹脂枠、性能により価格が大きく異なる。

木製建具工事

各種建具(製品代、工賃)

  • 造作物はサイズが自由だが、一般的に既製品の方が安い。無垢材は高い。

内装工事

畳、クロス、クッションフロア、コルクタイル、など

  • 多くの素材がある。種類やグレードによって価格は異なるが、普及品が多い。

塗装工事

木部(床・壁・枠・棚・巾木・廻り縁)、軒天井(外部)、破風・鼻隠し(外部)、外壁、など

  • 無塗装の建材では必要になるが、塗装済の既製品も増えている。木材の使用が減るにつれ、塗装箇所も減っている。

家具工事

製作する造作家具

  • 大型・特殊でないものは、大工工事に含まれる場合が多い。

雑工事

ハンガーパイプ、給気口、ベントキャップ(給排気カバー)、床ワックス、クリーニング、物干し金物、火災報知器、など

  • 金額的には大きくない項目。

屋内設備機器工事

キッチン、洗面、トイレ、浴室、換気扇、水栓、その他備品、など

  • 機器により価格が大きく異なる。こだわる部分でもあるが、ほとんどが家本体とは別項目の既製品。造作すると高くなる。
  • 既製品は住宅設備メーカーのショールームで確認することになる。

屋外設備機器工事

給湯器・ボイラー(エコキュート、エコジョーズ、エネファーム)、太陽熱利用システム、太陽光発電、など

  • 機器により価格が大きく異なる。ランニングコストに関わる部分である。家本体とは別要素。

電気設備工事

電灯、コンセント、スイッチ、TV配線、TEL配管、LAN配線、照明器具、アンテナ、分電盤、東電申請費、など

  • 家電が増え電力使用量も増えている。それに応じ回路数・分電盤の規格も変わってくる。

給排水設備工事

給水・給湯配管、給湯器周り、排水・雨水配管、雨水枡、器具取付け、屋外給水・給湯配管、メーター周り、散水栓、外水栓、申請費、など

  • 土地により水道引込み、排水・雨水処理のため、多額の費用がかかる場合がある。土地選びの際の注意項目。

ガス設備工事

引込み工事、配管工事、接続工事、など

  • 都市ガスとプロパンで異なる。前者は工事費がかかり、後者は業者持ちの場合が多い。ただしその場合、毎月のガス料金が高くなる。
新築住宅・注文住宅で失敗しないために
住宅選びには様々な比較要素があります。
デザインや会社の印象だけでなく、しっかりと「中身」を見極め選択すること、適切に比較することが失敗しない家づくりにつながります。
注文住宅,比較 失敗しない家づくり

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です