ハウスメーカーが比較できるチェックリスト

チェックリスト

ハウスメーカーを比較するポイント

後悔しない家づくりをするためには、どこに頼むかがとても重要です。消費税額が大きいので、シビアにならざるを得ませんね。

家(注文住宅)を建てる場合、ほとんどの方は数社の住宅メーカーを候補として選び、商品と価格を比較しながら依頼先を決定します。

しかし、現在の住宅は複雑で比較することが難しくなっています。

そこで、ハウスメーカーの何を見たら良いか、大きな3つのポイントを挙げます。

どんな家か?

これは当然のことですね。

  • 性能・品質
  • 価格
  • 設計・デザイン

それぞれ細分化され、また他にも確認すべき点はあります。基本となる比較の視点です。

どんな人が作るのか?

注文住宅はこれから作るもの。ハウスメーカーと契約する時点では、まだ何もできていません。

プレハブであれ、木造軸組み工法であれ、家は人が作るものです。

だからこそ、誰に頼むのか、どんな人が作るのか、このことを見極めることが非常に重要です。

どんな会社なのか?

家は担当者だけで建てられるものではありません。様々な職種の人達の協力があって作られていきます。

中でも社内のシステム・体制が大きな影響を及ぼします。

施工のチェック体制、フォーローができる層の厚さ、引渡し後のメンテナンスなど、見えにくい裏側を確認することが、実は一番大切なポイントです。

ハウスメーカーを見極めるチェックリスト

住宅選び・ハウスメーカーの比較は、このように多くの観点で判断しなければならず、単純な○×では表現できないものです。

しかし、ハウスメーカーを比較する視点のヒントはいくつかお伝えすることができると思い、簡易的ですがチェックリストにまとめました。

住宅メーカーチェックリスト

ご入用の方にはお送りしますので、下記フォームよりお申込み下さい。無料です。

ハウスメーカーを見極める20のチェックリスト

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加