home agent

茨城県の新築一戸建て住宅診断(建売住宅インスペクション)

新築住宅診断

ホームインスペクション(住宅診断)というサービスが広がっています。
これは中古住宅購入希望者がその住宅を購入する前に、第三者に頼んで事前に建物を診断してもらうサービスです。
欠陥が無いか、劣化はどの程度か、修繕の必要性はあるか、などを調べます。

当方でもインスペクションを行っていますが、中古住宅だけでなく分譲・建売の新築住宅、ローコスト住宅でもインスペクションの依頼を承っております。

新築住宅インスペクションとは

分譲住宅・建売住宅は、注文住宅に比べ一般的には安い価格になっています。
立地(土地の利便性)がまず第一の売りであり、建物は2番目と考えられているからです。

しかし、実際購入してから長い時間を過ごすのは家の中です。初めにきちんと建てられているかどうかを確認することは当然必要なことです。

ハウスメーカーがしっかりやってくれていれば問題ないのですが、「不安を感じる」「施工が疑わしい」「仕上がりがきれいでない」などのことがある場合、第三者として建物の施工状況や完成程度を確認し、住宅購入者に説明報告をする、施工者との応対をバックアップ(オプション)するサービスです。新築住宅インスペクション

新築住宅インスペクションを受ける理由

新築住宅インスペクションを受けられる方には様々な理由がありますが、声として次のようなものがあります。

建築の悩み,ストレス,不信感

  • 建物が安い分、きちんと建てられているか心配。
  • 建物について十分な説明が無く、理解できていない。
  • 何故か契約を急かされている。
  • 気になる箇所があるが、メーカーは「大丈夫、問題無い」と言っている。
  • ハウスメーカーとの交渉が苦手だ。
  • 現場の施工状況が良くなかった。
  • 念のため確認したい。
  • 仕上りの程度が一般的なのか、不適当なのか分からない。

新築住宅インスペクションを受ける意義・メリット

新築住宅インスペクションを受けられる意義としては、次のことが言えます。

  • 自分たちだけでは見切れない範囲・気が付かない不具合を確認できる。
  • 第三者の目により、施工者が気が付かなかった施工不十分箇所を発見できる。
  • お客様への立会い説明により、施工状況がよく理解できる。
  • 施工者でない第三者の見解が聞ける。
  • 施工者・販売者ペースで事が進む抑止力につながる。

いずれの項目も価値あるものではないでしょうか。

新築住宅インスペクションのご感想

サービスをご利用いただいたお客様より、温かいお言葉をいただきました。

建売住宅の診断を受けられたO様より

先日は大変お世話になりました。
本日報告書を受け取りました。
今回、初めて家を購入するに当たり、ホームページで色々検索し、串田さんのホームページへたどり着きました。
結果、見て、聞いていただいてとても良かったと思っております。

(中略)私の人生の中の貴重な資料の一部として大切にしていきます。

建築条件付き分譲住宅の診断を受けられたI様より

お客様の評判

新築住宅インスペクションのタイミングと内容

基本的に売買契約締結前になります。契約後でも対応しますが、販売者側に要望を聞き入れてもらえない可能性が高くなります。

建物内覧時にインスペクションとして、次のような項目を総合的に同行確認します。

【基本項目】

  • 内外装の仕上り(傷や不具合、仕上り程度)
  • 建物の傾き測定
  • 給排水設備の不具合
  • 小屋裏・床下点検口からの目視確認

屋根汚れ 壁入隅,ひび

外壁のキズ 給湯器の水漏れ

【オプション項目】

  • 小屋裏・床下点検口からの進入確認

小屋裏調査 床下調査

新築住宅インスペクションの料金

詳しい内容・料金は、中古住宅診断・ホームインスペクション をご確認ください。同様の扱いでインスペクションを行います。

さらにご要望があれば、

  • 特殊工種の施工報告書の有無
  • 保証内容、定期点検計画、緊急事態が起きた場合の対応
  • ハウスメーカーとの交渉サポート

についてなど、一歩進んだ確認・サポートも行います。

建売住宅・分譲住宅の購入をお考えの際に心配な事柄が起きたらお気軽にご相談下さい。家づくりに関するお施主様のエージェントとしてお役に立ちます。

TEL 050-1321-9191

携帯 090-4757-4675

携帯へのお電話が便利です。

受付時間:9:00~18:00、土日祝対応 

代表:串田

(住宅診断士/福祉住環境コーディネーター) 

茨城県石岡市柿岡1975-2 

 
新築住宅・注文住宅で失敗しないために
住宅選びには様々な比較要素があります。
デザインや会社の印象だけでなく、しっかりと「中身」を見極め選択すること、適切に比較することが失敗しない家づくりにつながります。
注文住宅,比較 失敗しない家づくり

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク