新築住宅インスペクション(施工確認・検査同行)

断熱材充填不十分

ホームインスペクション(住宅診断)というしくみが広がっています。

これは中古住宅購入希望者がその住宅を購入する前に、第三者に頼んで事前に建物を診断してもらうことです。

欠陥が無いか、劣化はどの程度か、修繕の必要性はあるか、などを調べます。

当方でもインスペクションを行っていますが、中古住宅だけでなく分譲・建売の新築住宅の場合でもインスペクションの依頼を承っております。

新築住宅インスペクションとは

分譲住宅・建売住宅は、注文住宅に比べ一般的には安い価格になっています。

立地(土地の利便性)がまず第一の売りであり、建物は2番目と考えられているからです。

しかし、実際購入してから長い時間を過ごすのは家の中です。初めにきちんと建てられているかどうかを確認することは当然必要なことです。

また、何かのきっかけでハウスメーカー、施工会社に不信感を抱いてしまっている場合は、せっかくの家づくりが楽しみでは無くなり、逆にストレスにつながってしまいます。

分譲住宅・建売住宅のこのような建築の背景・状況を補完するため、第三者が建物の施工状況や完成程度を確認し、住宅購入者に説明報告、または施工者との応対をバックアップするサービスです。新築住宅インスペクション

新築住宅インスペクションを受ける理由

新築住宅インスペクションを受けられる方には様々な理由がありますが、声として次のようなものがあります。

建築の悩み,ストレス,不信感

  • 建物が安い分、きちんと建てられているか心配。
  • ハウスメーカーとの交渉が苦手だ。
  • 図面や工事の状況が良く分からない。(きちんとした説明がされない)
  • 現場管理がよくなされていない。(監督さんがあまり現場に来ない)
  • 現場監督のレスポンスが悪い。(回答がなかなか帰ってこない)
  • 現場が間違ったまま進む。(変更指示が反映されない)
  • 自分が現場を見に行けない。
  • 仕上りの程度が一般的なのか、不適当なのか分からない。

お問合せはお気軽にどうぞ

家づくり相談

受付時間 9:00~18:00(日曜定休)

メールフォームはこちら
 

新築住宅インスペクションを受ける意義・メリット

新築住宅インスペクションを受けられる意義としては、次のことが言えます。

  • 自分たちだけでは見切れない範囲・気が付かない不具合を確認できる。
  • 一般的な公的検査では確認しない「住み心地に直結する」部分がチェックできる。-断熱材の施工など
  • 第三者の目により、施工者が気が付かなかった施工不十分箇所を発見できる。
  • お客様への立会い説明により、施工状況がよく理解できる。
  • 施工者でない第三者の見解が聞ける。
  • 施工者の気が引き締まり、手抜き工事の抑止力につながる。

いずれの項目も価値あるものです。

新築住宅インスペクションのタイミングと内容

ご要望に応じ、どんな内容でも確認の対応はしますが、主には次の3つのタイミングで行うことが有効です。

1.建築途中の内外壁を張る前(建物内部の状況を確認するため)

それぞれ住み心地や損傷・劣化防止のための重要な事項です。

  • 断熱材の施工状況(公的検査では断熱材の確認は行いません。)
  • 窓回り・バルコニーの防水状況(公的検査は簡易的です。)
  • 外壁通気の経路状況(公的検査では確認しません。)

断熱補強不十分 断熱材膨らみ

防水テープ不具合 外壁通気

2.建物完成時

施主引渡し検査に同行確認します。

  • 内外装の仕上り(傷や不具合、仕上り程度)
  • 特殊工種の施工報告書の有無
  • 保証内容、定期点検計画、緊急事態が起きた場合についてなど

屋根汚れ 壁入隅,ひび

3.ピンポイント・部分的な確認

ココだけ見て欲しい、今見て欲しい、というご要望です。

例えば基礎工事。割れや欠け、ひびなどがある。ハウスメーカーは「大丈夫、問題無い」と言っているけど本当なのか?

今までの施工経験・ノウハウから施工が適正であるか否か判断し、見解をお伝えします。また、ハウスメーカーとの話し合いに立会い、お施主様のサポートをいたします。

建築のセカンドオピニオンとしての役割を担います。

基礎の欠け,ジャンカ 天端モルタル,はがれ

基礎,ジャンカ 基礎補修

本来は契約前・着工前のご相談をお勧めしています

ハウスメーカーの広告、宣伝文句はどこも大変美しくキレイなものです。お施主様ももちろんそれを期待しています。

そして、工事は始まってみないとどんな結果になるか分かりません。ですので多くは施工後に相談を受けるケースになります。

合板,シミ 間違った施工

しかし、施工してしまってからでは大きな手直しになってしまうこともあり、お施主様・施工者側共にあまり気分の良いものではありません。

しこりが残ることもあるので、スムーズに工事が進むことがベターなのです。

契約前・着工前に「何かおかしい」「不安だ」という気持ちが芽生えたら、早めにご相談いただくと回避できることもあります。

特に小さな工務店に頼む場合、ロ―コスト住宅を建てる場合、または購入する場合、心配な事柄が起きたらお気軽にご相談下さい。家づくりに関するお施主様のエージェントとしてお役に立ちます。

新築住宅インスペクションの価格

費用は状況によって様々です。確認内容に応じてお見積りいたします。お気軽にお問合せ下さい。

家づくりコンサルタント ホーム・エージェントに相談

相談する

メールフォームはこちら
※携帯へのお電話の方が、お手間を取らせません。〒356-0116 茨城県石岡市柿岡1975-2

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加