建物の工夫・工法

建物の工夫・工法

屋根裏の熱と湿気を逃がす

過酷な屋根裏空間の環境 夏の太陽光は上から差します。つくば市の場合は、夏至の南中時には約77度にもなります。 当然屋根は熱せられ、小屋裏(屋根裏)の気温も相当高くなります。そしてその熱が室内へじわじわと伝わってしまいます。この熱のこ...
建物の工夫・工法

外断熱が最良の断熱工法か?

重要な要素である断熱材 ご承知のとおり、建物の断熱対策は非常に重要である。 特に近年の異常な暑さに対して断熱対策を行うことは、必要不可欠である。家計や環境問題、室内での熱中症などの健康問題にもつながる。 また、実は冬の住宅内での事...
建物の工夫・工法

外壁の汚れを防ぎエコにもつながる小さな工夫

(YKK AP より) 霧除けを付ける 霧除けとは窓の上の小庇のことです。 最近、この霧除けを付けない家が増えています。スッキリ見えますが、日本は雨の多い国であり、その影響を大きく受けます。 実は2階サッシから垂れる雨だれで、外壁の...
建物の工夫・工法

夏を涼しく過ごすためにする家づくりの工夫

猛暑日、異常気象、熱帯夜、… 。近年、温暖化の影響か暑い夏の日が増えています。 熱中症の防止や快適に過ごすため、状況によりエアコンなど人工的な方法によって暑さを軽減することは必要ですが、建物の工夫によって暑さによる影響を減らすこともで...
タイトルとURLをコピーしました