home agent

竹を活用して竹害を減らす

竹林

少し街を外れると竹林が結構あります。

見た目にも風情があり竹の子も美味しく、日本の文化からも切り離せないものです。

しかし昨今、竹の侵食被害が拡大しています。

竹害が増えている現状

竹の侵食被害の原因は、従来生活の道具に多く利用されていた竹が、近年その活用が激減し竹林も荒れ放題であるためです。

竹は繁殖力が強く地下茎でどんどん増えていきます。そして樹林にも侵食していき、木がその勢いに負け駆逐されてしまうのです。

この竹害を解消するために、資源として活用する運動も各地で見られます。

竹材を粉砕した竹チップはその代表例です。土壌に良いと言われています。

やってみた竹材の活用

まちづくりの一環、通りの景観に一役買えるかと、事務所の玄関先にディスプレイとして作ってみました。

京都の町でよく見かける「犬矢来」という竹でできた小塀をアレンジしたものです。実用性以上に人の目を和ませてくれます。

犬矢来

詳しくは、まちづくり石岡・八郷をどうぞ。

小さなことですが、また何かに活用してみようと思います。他にも竹の活用方法があったら教えて下さい。

新築住宅・注文住宅で失敗しないために
住宅選びには様々な比較要素があります。
デザインや会社の印象だけでなく、しっかりと「中身」を見極め選択すること、適切に比較することが失敗しない家づくりにつながります。
注文住宅,比較 失敗しない家づくり

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です