home agent

省エネ住宅ポイント(住宅エコポイント)制度

flower-287696_640

平成25年末で発行申請の受付が終了していた「省エネ住宅ポイント(住宅エコポイント)制度」が復活することになり、内容が発表されました。

(平成26年12月27日閣議決定。平成26年度補正予算の成立後、正式決定)

概要は以下のとおりです。

住宅エコポイントを活用しよう

対象住宅

エコ住宅の新築やリフォームのほか、完成済みの新築住宅を購入する場合にも適用になります。

対象期間(新築・リフォーム)

平成26年12月27日以降に契約し、平成28年3月31日までに着工するもの

対象住宅の性能要件

1.エコ住宅の新築・完成済購入タイプ

  • トップランナー基準の一戸建て住宅
  • 一次エネルギー消費量等級5の住宅、一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
  • 断熱等性能等級4の木造住宅
  • 省エネルギー対策等級4の木造住宅

2.エコリフォーム

  • 窓の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  • 設備エコ改修(3種類以上)

エコ住宅設備:太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

  • その他の工事等

上記3項目のいずれかの工事に併せて行う次の工事

  • バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
  • エコ住宅設備の設置(3種類未満)
  • リフォーム瑕疵保険への加入
  • 耐震改修

発行ポイント数

新築・購入は300,000ポイント。リフォームは各工事の合計で300,000ポイントが上限。

ポイント交換

ポイントは商品や追加工事などに利用できます。

1.商品交換

  • 省エネ・環境配慮に優れた商品
  • 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援)
  • 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)
  • 環境寄附、復興寄附

2.即時交換

当該工事の追加工事及びグレードアップ工事の費用に充当できます。


対象住宅の要件など、詳細は国交省サイトでご確認下さい。

省エネ住宅に関するポイント制度について

消費税アップ後の対策なのでありがたいですね。

新築住宅・注文住宅で失敗しないために
住宅選びには様々な比較要素があります。
デザインや会社の印象だけでなく、しっかりと「中身」を見極め選択すること、適切に比較することが失敗しない家づくりにつながります。
注文住宅,比較 失敗しない家づくり

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です