home agent

屋根の寿命と住み心地を左右する建材

透湿する屋根

屋根は陽射しと雨を避けるためにあるのは当然ですが、単純にそれだけではありません。

例えば茅葺き屋根では、屋根材が含んだ水蒸気が蒸発する時に熱も奪っていきます(気化熱)。そのため夏の室内の涼しさに一役買っているのです。

そして現代では、屋根の寿命を延ばし、住み心地を向上させる建材が出回っています。

生活湿気の発生と影響

室内では人間が生活していく中で、呼吸や調理・給湯などにより湿気(水蒸気)が発生します。そのため一部の時期を除き、室内の湿度は屋外よりも高くなりがちです。

湿気は湿度の低い方へ向かう性質があるので、外に逃げようとします。その時、湿気が何かに阻害されて逃げられないと、そこで結露する可能性があります。合羽を着て汗をかくようなものです。

結露がひどくなると、家に使われている木材などの腐食につながり、建物は劣化していきます。

透湿ルーフィング

屋根では材料が瓦であれ金属材であれ、その下にはスギ板や合板などの下地材があり、さらに防水用のシートを張っています。このシートをルーフィング材と言い、従来はアスファルトルーフィングという素材がほとんどでした。

しかし、この素材は水を通さない反面、湿気も通しません。そのため、室内から発生した湿気が木材である下地材の部分で結露し、腐食につながるという結果につながっていました。

この流れを改善するのが、湿気を逃がす「透湿」ルーフィング材です。

従来の建材に比べ価格は高くなりますが、屋根の寿命を考えれば安いものです。住まいの寿命を考える場合、湿気対策は非常に大切です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

*デュポン タイベック ルーフライナー1mx50m 1巻
価格:26460円(税込、送料別) (2016/11/7時点)


熱を遮る機能

さらに一歩進んだ考えとして、この透湿ルーフィングに熱を跳ね返す「遮熱」の機能を付け加えた商品も出ています。

熱の伝わりは「輻射」によるものが75%を占め、この「輻射熱」には屋根が太陽に照らされて出す熱も含まれます。特に夏場は太陽の高度が真上に近くなり、受ける熱の影響も大きくなります。しかも近年猛暑日が増え、住宅の熱環境は厳しくなる一方です。家は一生モノですから、どうせ建てるならここまで考えて建てたいものです。

遮熱についての記事も併せてお読み下さい。

新築住宅・注文住宅で失敗しないために
住宅選びには様々な比較要素があります。
デザインや会社の印象だけでなく、しっかりと「中身」を見極め選択すること、適切に比較することが失敗しない家づくりにつながります。
注文住宅,比較 失敗しない家づくり

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です