home agent

無垢板材のサネ加工を知る

さね,無垢板

一見、床板や天井板はどうやって固定されているか不思議に思いますが、板の加工形状を見てみると断面は写真のようになっています。

本ざね、相じゃくりなどの加工があります。形状は様々ですがオスとメス(凸と凹)の加工がしてあり、そこに釘を打って留めるようになっています。

釘を見せないことと、木が伸縮したときに下地が見えないようにするためです。

因みに裏側(下面)の凸凹は、木が反るのを防ぐためのもので、接着剤(ボンド)がたまるスペースとしての役割も果たします。

建築にはハイテクでない「ローテク」がたくさん生かされています。

羽目板,さね

写真は、羽目板(天井や壁に使用する板)で、つなげると目透かし(同一寸法の隙間)ができるようになり、かえってそのことで目違い(ズレ)が目立たなくなる加工をしています。

新築住宅・注文住宅で失敗しないために
住宅選びには様々な比較要素があります。
デザインや会社の印象だけでなく、しっかりと「中身」を見極め選択すること、適切に比較することが失敗しない家づくりにつながります。
注文住宅,比較 失敗しない家づくり

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です